循環器内科・抗加齢血管内科

診療グループの概要

循環器グループは心臓疾患、血管疾患を専門にみています。さらに循環器救急、心不全、虚血性心疾患、不整脈、末梢動脈疾患、肺高血圧症を各サブグループが行っています。

『循環器救急』は、急性心筋梗塞、狭心症、急性心不全や急性肺塞栓、致死性不整脈などの救急を要する循環器疾患に対して24時間体制で救命救急センターと連携して行っています。脳神経外科と共に脳血管疾患の急性期治療も行っています。

『心不全』では、拡張型心筋症や肥大型心筋症、サルコイドーシスなどの県難病指定の心筋症に対して、個々の病態に関してハートチームで診断、薬物治療の至適化、外科治療や非薬物治療の適応を評価しています。心臓移植施設ではありませんが、必要な場合は心臓移植の登録を行っています。

『虚血性心疾患』では、冠動脈の完全閉塞や多枝病変の狭心症患者に対して、ハートチームでバイパス術のみならずカテーテル治療が可能な病変には行っています。ローターブレーターにて血管内面を削る事もあります。

『不整脈』では、上室性頻拍や心室性不整脈、また近年増加している心房細動に対してのカテーテルアブレーションによる根治を目指した治療を行い、さらに心房細動に対してはクライオバルーンを導入し、より治療時間の短縮を目指しています。また、ブルガダ症候群やQT延長症候群等の遺伝性不整脈に対する診断・治療を行っています。徐脈に対するペースメーカや突然死予防の植込み型除細動器、難治性心不全のペースメーカ治療を行っています。

『末梢動脈疾患』では、下肢末梢動脈疾患を有する方の症状緩和、そして救肢を目的に心臓血管外科、形成外科とチームで検討し、積極的にカテーテル治療も行っています。

『肺高血圧症』では、膠原病内科、呼吸器内科と症例検討を行い、診断と主に薬物による肺循環調節を行っています。

『心臓血管センター』では、CCU6床、専門病棟30床を有し循環器専門医8名と心臓血管外科とともに専門スタッフが連携してハートチームとして24時間体制で循環器疾患の診療を行っています。当科では、各疾患に対する治療の標準化のために各専門領域のガイドラインの遵守を徹底し、各患者にあった治療を行います。さらに治療法の確立されてない疾患に対しては1日でも早い克服のために臨床研究や新薬の治験を積極的に行っております。


<循環器内科グループ>


<抗加齢血管内科グループ>

スタッフ一覧

野間 貴久
循環器・腎臓・脳卒中内科学講師
医学部附属病院循環器内科准教授
野間 貴久Noma Takahisa循環器内科
出身校
香川医科大学(1996年卒)
専門領域
心不全、不整脈
資格
日本内科学会 専門医 四国支部評議員
日本循環器学会 専門医 四国支部評議員
日本不整脈心電学会 専門医
心臓リハビリテーション学会 四国支部評議員、指導士
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
日本心不全学会
日本超音波医学会
日本心臓病学会
日本心臓リハビリテーション学会
米国心臓協会
ポリシー
すべての人に最新、最適な医療を届ける。
村上 和司
講師(医療安全管理部)/医学部附属病院医療安全管理部副部長村上 和司Murakami Kazushi循環器内科
出身校
香川医科大学(1997年卒)
専門領域
虚血性心疾患、冠動脈カテーテル治療
資格
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本超音波医学会
医療の質・安全学会
ポリシー
先祖よりひきついでいる手先の器用さをいかして、通常の手法では治療困難な冠動脈病変に対するカテーテル治療でも高い成功率と安全性をめざす。
石川 かおり
講師(総合診療部)石川 かおりIshikawa Kaori抗加齢血管内科
出身校
香川大学医学部(1998年卒)
専門領域
循環器疾患一般、超音波診断、肺高血圧
資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定専門医
日本超音波学会専門医
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了
所属学会
日本内科学会(四国支部女性医師の会代表)
日本循環器学会(四国支部評議員)
日本超音波医学会
日本心不全学会
日本高血圧学会
日本肺高血圧学会
受賞歴
2002年 第7回 日本高血圧と動脈硬化研究会 優秀賞
ポリシー
循環器疾患の超音波診断、肺高血圧診療を中心に、香川の地域医療に貢献できればと思っております。
学生教育にも携わる機会が多く、generation gapを感じますが、初心を忘れずに頑張りたいと思います。
辻 哲平
学内講師(外来医長) 辻 哲平Tsuji Teppei抗加齢血管内科
出身校
香川医科大学(1998年卒)
専門領域
下肢閉塞性動脈硬化症、末梢動脈疾患に対する血管内治療、救急医療教育
資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定専門医
日本心血管カテーテル治療学会認定医
日本内科学会認定JMECCインストラクター、ディレクター
日本救急医学会認定ICLSインストラクター、ディレクター、WSディレクター
日本医師会認定産業医
所属学会
日本内科学会
日本内科学会
日本循環器学会(四国支部評議員)
日本心血管カテーテル治療学会
日本救急医学会、日本脈管学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本下肢救済足病学会
Japan Endovascular Treatment Conference
ポリシー
われわれは血管の老化をお薬で予防します。血液の流れの悪いせいで趣味の散歩がなかなか出来ない、足の色が悪い、足の傷がなかなか治癒しない方たちに、カテーテルを使い、血液の流れを戻すのが仕事です。血管の老化が気になる方はぜひ一度受診してみてください。
石澤 真
学内講師石澤 真Ishizawa Makoto循環器内科
出身校
香川医科大学(2001年卒)
専門領域
不整脈、カテーテルアブレーション
資格
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本不整脈心電学会不整脈専門医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本不整脈心電学会
日本心血管インターベンション学会
受賞歴
2003年 日本循環器病振興財団 研究助成
ポリシー
主に不整脈疾患に対する専門診療に携わっています。丁寧できめ細かい診療を心がけています。また最先端の医療をより安全に提供できるよう、日々研鑽を続けています。
三宅 祐一
助教(病棟医長)三宅 祐一Miyake Yuichi循環器内科
出身校
香川大学医学部(2003年卒)
専門領域
循環器一般、冠動脈インターベンション
資格
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本医師会認定産業医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション学会
ポリシー
患者さんの気持ちを尊重する診療を行うよう心掛けています。
河上 良
助教/学外:Research fellow
河上 良Kawakami Ryo循環器内科
(留学中:Cardiovascular Medicine, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School)
出身校
香川大学(2007年卒)
専門領域
虚血性心疾患、カテーテルインターベンション
資格
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
日本心臓リハビリテーション学会 心リハ指導士
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本心臓リハビリテーション学会
米国心臓協会
受賞歴
2008年 日本内科学会四国地方会 初期臨床研修医奨励賞
ポリシー
心血管カテーテル治療を中心に基礎から臨床まで、Translational researchを中心に日々研究・診療に励んでいければと思います。よろしくお願いします。
石川 昇平
病院助教石川 昇平Ishikawa Shohei循環器内科
出身校
香川大学医学部(2008年卒)
専門領域
循環器内科
資格
日本内科学会認定内科医
核医学専門医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本核医学会
ポリシー
患者さんの力になれるように頑張ります。
松永 圭司
助教松永 圭司Matsunaga Keiji循環器内科
出身校
香川大学医学部(2008年卒)
専門領域
循環器内科
資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
循環器専門医
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了
薬剤師免許
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本心臓病学会
ポリシー
地域医療に貢献できるよう努力を重ねていきます。
横山 聖太
病院助教(救命救急センター)横山 聖太Yokoyama Shota循環器内科/救命救急センター
出身校
香川大学医学部(2011年卒)
専門領域
循環器救急領域/血管内治療
資格
日本内科学会内科認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本脳卒中学会
日本救急医学会
ポリシー
『内科医』としての姿勢を忘れず、循環器救急領域を中心に貢献していければと思います。
脳卒中に関しても、内科医の立場から積極的に関わっていきたいです。
心以外の血管内治療に関しても引き続きさらに技術を高めていきます。
萬谷 薫
病院助教萬谷 薫Mantani Kaoru循環器内科
出身校
香川大学医学部(2007年卒)
専門領域
循環器内科
資格
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
ポリシー
日々、患者さんのためにできる最善のことが何かを考えながら診療にあたっています。
小西 久美
医員小西 久美Konishi Kumi循環器内科
出身校
香川大学医学部(2008年卒)
専門領域
循環器内科全般
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本超音波医学会
心臓リハビリテーション学会
日本禁煙学会
ポリシー
患者さんの言葉に、真摯に耳を傾けるよう心掛けています。
濱谷 英幸
医員濱谷 英幸Hamaya Hideyuki循環器グループ(救命救急センターより出向)
出身校
香川大学(2010年卒)
専門領域
救急医療、集中治療
資格
日本救急医学会救急科専門医
日本DMAT隊員
日本救急医学会認定ICLSインストラクター・ディレクター
JPTEC中四国世話人
所属学会
日本救急医学会
日本集中治療医学会
日本内科学会
日本循環器学会
ポリシー
患者さんの言うことは正しい。
蓮井 雄介
医員蓮井 雄介Hasui Yusuke循環器内科
出身校
金沢医科大学医学部(2011年卒)
専門領域
循環器内科
資格
日本内科学会内科認定医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
ポリシー
初心を忘れずに診療を行っていきたいと思っております。
宜しくお願いいたします。
飛梅 淳
医員飛梅 淳Tobiume Atsushi循環器内科
出身校
香川大学(2012年卒)
専門領域
循環器内科一般
資格
内科認定医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
ポリシー
より良い医療を提供できるように日々全力で診療にあたります。
井上 朋子
医員(大阪大学出向中)井上 朋子Inoue Tomoko循環器内科
出身校
香川大学医学部(2013年卒)
専門領域
循環器一般
資格
日本内科学会認定内科医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
ポリシー
患者様に寄り添った治療ができる様に心掛けます。
那須 栄里子
医員那須 栄里子Nasu Eriko循環器内科
出身校
金沢医科大学(2013年卒)
専門領域
循環器内科
資格
日本内科学会内科認定医
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
ポリシー
地域の皆様の健康維持に少しでもお役に立てますよう精進したいと思います。
谷 良介
医員谷 良介Tani Ryosuke循環器内科
出身校
愛媛大学医学部(2015年卒)
専門領域
循環器疾患一般
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
ポリシー
香川県の循環器医療に少しでも貢献したいと思っております。
和泉 高宏
医員和泉 高宏Izumi Takahiro循環器内科
出身校
香川大学医学部(2015年卒)
専門領域
循環器疾患一般
所属学会
日本内科学会
日本循環器学会
ポリシー
一生懸命頑張ります。
谷本 慧太
医員谷本 慧太Tanimoto Keita循環器内科
出身校
 
専門領域
 
所属学会
 
ポリシー
 

教育概要

Physician scientistを育成する。

診療グループでの教育の特徴

心、腎、脳の各臓器は動脈硬化性疾患などの病態に密接に関連しており専門的知識のみならず総合的な深い知識を習得することができます。

スタッフは、日本内科学会総合内科専門医を持ち、それぞれの専門に応じて、循環器専門医、超音波専門医、日本心血管カテーテル治療学会認定医、不整脈専門医、日本救急医学会認定ICLS WSディレクター、日本内科学会認定JMECCディレクターなどの専門医が在籍しています。これらの指導医とペアを組み、直接指導を受け実際の診療を行なっております。他科からのコンサルトが多いのが特徴で、専門分野のみならず幅広い内科臨床医の知識と診察技術の習得が可能なところも特徴です。

循環器グループは、原則、後期研修の最低1年間は大学病院の診療を行い、心不全、虚血性心疾患、不整脈、肺循環、末梢動脈疾患などすべてのサブグループの患者を受け持ち幅広い知識と経験を身につけます。その上で、ハイボリュームセンターにて各専門疾患の診療を集中的に行いphysicianとしてのトレーニングを行います。大学病院では、日々の診療の問題点から臨床研究や基礎研究を行いscientistとしてのトレーニングを行います。

各種専門医を取得し、さらに臨床医として研究医として活躍する医師を育むことを目標にしています。

診療概要

すべての患者に最新、最適な医療を届ける。

診療実績

2015年
入院患者数 491名
平均入院日数 13.2日
急性心筋梗塞患者 26名
心不全入院患者 79名
大動脈解離患者 20名
冠動脈形成術 125件
デバイス植込み 48件(ICD, CRT含む)
カテーテルアブレーション 65件

研究概要

日常診療からの疑問点を解明する。

研究成果

  • 癌分子標的薬による心筋障害の機序解明と予防法の確立
  • 冠動脈ステント非重複留置に関する検討‐生体吸収スキャフォールド適性使用にむけて
  • 集合住宅住民における心肺蘇生講習会後の知識・意識の変化
  • 肺高血圧患者における肺動脈弁輪運動速度波形の有用性の検討
  • 自動血圧計付帯不規則脈派検出機能による心房細動検出法の最適化
  • 血液バイオマーカーを用いたSGLT2阻害剤の奏功群の同定及び心保護効果の検討
  • 第2世代DES留置後の冠攣縮性狭心症に対する画像解析