ご挨拶

地域と歩み、ひとを育む

南野 哲男
香川大学医学部
循環器・腎臓・脳卒中内科学 教授

南野 哲男
MINAMINO, Tetsuo

2016年4月より、香川大学医学部循環器・腎臓・脳卒中内科学教室を主宰しております。当教室には、医学部附属病院・特定機能病院として、臨床・教育・研究の三つの分野に大きな役割があります。それぞれについて、当教室の特徴と展望をお話しいたします。

臨床
「心・腎・脳専門医が一丸となり、地域の“最後の砦”としての役割を果たす」

2017年4月より、香川大学医学部附属病院循環器内科・腎臓内科・抗加齢血管内科の診療体制が大きく変わりました。循環器系救急患者に対応するため、医療機関向けのホットラインを新たに開設いたしました。当院救命救急センターの先生方と一丸となって、虚血性心疾患、心不全、不整脈などの急性期心疾患患者や緊急透析が必要な腎不全患者の救急治療を循環器専門医・腎臓専門医が24時間体制で診療を行なっております。さらに、外来診療では、「初診外来」・「専門外来」を開設し、地域の先生方から患者を紹介いただきやすい体制を整えました。今後、香川県・四国の循環器系疾患に対する救急医療にさらに積極的に取り組み、心臓血管外科の先生方とともに地域の“最後の砦”としての役割を果たしていきます。同時に、虚血性心疾患に対するカテーテル治療、重症心不全に対する心臓再同期療法、不整脈に対するアブレーション治療やエビデンスに基づく薬物療法などの丁寧な標準治療を行います。また、香川県慢性腎臓病対策協議会を通じての慢性腎臓病に対する啓発・合併症予防、各種腎炎治療、透析導入に加え、慢性腎臓病患者で多く認められる心不全、心筋梗塞、脳卒中などの心血管疾患の治療を心臓グループと腎臓グループが力を合わせて、患者治療に当たります。さらに、人工心臓装着・心臓移植適応となるような重症心不全患者や心臓移植後患者・腎臓移植後患者に対する高度先進医療を実施し、地域の皆様に高度で最新の医療を提供いたします。そして、香川大学医学部附属病院の他科の先生方と協力しながら、膠原病・肺疾患との合併が多い肺高血圧治療や心不全・腎不全患者に対する抗がん剤治療をそれぞれの専門医と協力して行い、総合病院としての香川大学医学部附属病院の特色ある医療に貢献してまいります。これらの実践のため、市民公開講座などで県民のみなさまと交流を図り、地域の病院や診療所のみなさまとの連携を深めていく所存です。

教育
「患者と向き合うPhysician scientistを育成する」

学生や初期研修医には、詳細な問診に加え、血管雑音、心雑音、過剰心音などの聴診、頸部の視診、末梢動脈の触診などの身体所見を丁寧にとることの大切さを繰り返し指導しています。これらの基本となる医療技術の体得に加えて、患者が痛みを訴えられる場所を丹念に「診る」、「触れる」など、患者さんと正面から向き合い、寄り添うことの大切さも伝えていきます。毎朝のミーティング、入院症例検討会、指導医による症例解説、心臓・腎臓グループ合同カンファレンスにおける臨床研究・治験、最新論文紹介、大学院生基礎研究発表などの機会を通じて、学生・研修医、そして、教室員がともに学び、ともに成長する機会を多数設けています。特に、初期研修医には、学会での症例報告を勧めています。報告を重ねるごとに、研修医のみなさんが大きく成長する姿をみることは私たちにとって大きな喜びです。後期研修医や若手教室員には、「できないこと」、「わからないこと」が当たり前と思わないように伝えています。そこから生じるクリニカルクエスチョンを解決するためには研究が必要であり、これらに取り組むリサーチマインドを持った「Physician scientist」を育成したいと思っています。さて、アメリカの内科医ウィリアム・オスラー博士の有名な言葉に、「人は血管とともに老いる」があります。当教室で取り組んでいる疾患の中には、虚血性心疾患、腎硬化症、脳卒中、末梢動脈病変などのまさしく血管に起因する病気が多くあります。本教室は、冠動脈疾患や末梢動脈疾患に対する血管内治療、そして、脳外科の先生方と一緒になった急性期脳卒中治療を含め、全身の血管内治療を「one-stop」で学ぶことができるユニークな教室です。香川県下のみならず全国から若手医師を募集しています。また、心臓移植認定施設と緊密な連携の下、重症心不全患者の診察を行っており、標準治療に加えて、高度先進治療も学ぶことができます。大学院生には、基礎研究と臨床研究を往還しながらクリニカルクエスチョンを解決し、臨床現場に新しい治療法を還元する研究を目指しています。最後に、教室員には、海外留学を勧めています。世界を体験し、海外で得られたことと日本での経験をブレンドして自分独自のものを創り上げ、香川大学で力を発揮していただきたいと思っています。本教室では、香川の学生・教室員を大切にし、各々のステージに応じた活躍の“場”を与え、優れた医療人・研究者を育てていきます

研究
「臨床現場の未解決課題を克服する」

研究は大学病院と他の病院が大きく異なる点です。急性心筋梗塞患者に対する再灌流療法が成功したにも関わらず、心機能がむしろ障害される虚血再灌流傷害はなぜ生じるのでしょうか?また、心不全の約半数を占める「左室収縮能が保持された心不全(HFpEF)」に対する有効な治療法は未だ確立されていません。多くのHFpEF患者では腎機能障害が認められますが、両者の関連も十分に解明されていません。さらに、腎生検は患者さんのみならず実施する医師にもとてもストレスがかかる検査です。腎生検は画像診断で代用できないのでしょうか?このように臨床現場には未解決な課題が山積しています。これらの課題を解決するためには、心筋虚血再灌流傷害の成立機序や拡張不全の病態を明らかにするための基礎研究が必要です。また、腎生検で認められる増殖メサンギウム細胞の膜表面に発現している分子を検索する必要もあるでしょう。日頃、各教室員が感じているクリニカルクエスチョンを解決するために基礎研究や臨床研究を行い、その成果を臨床現場に還元していきたいと思います。また、原因不明で、治療方法が確立されていない“難病”に対して、次世代シークエンサーを用いたゲノム解析プロジェクトを大阪大学と共同で実施しています。特に、家族歴を有する難病患者さんたちの病態をゲノムレベルで解析を進め、原因遺伝子を同定し、治療法の開発を進めます。さらに、産学連携により、心房細動検出や心不全モニタリングの医療プログラムや医療機器の開発を進めていきます。近年、“心不全パンデミック”と叫ばれるほど、心不全患者は激増しています。しかし、増加する心不全患者をチーム・地域で診る体制は確立されていません。日本最大の医療ITネットワークであるK-MIX(かがわ遠隔医療ネットワーク)を活用して、心不全に対する新しい地域医療や臨床試験・治験プラットフォームを整備しています。限られたマンパワーですが、教室員が力を合わせて、心・腎・脳連携で特色のある研究を展開していきます。

今後、香川の学生・教室員を大切にし、各々のステージに応じた活躍の“場”を与え、優れた医療人・研究者を育成し、力を合わせて地域のみなさまにより良い医療を提供して参ります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

南野教授 プロフィール

専門領域

  • 循環器内科学

資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定指導医
  • 高血圧指導医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心不全学会
  • 日本DDS学会
  • 国際心臓研究会(ISHR)日本部会
  • 日本高血圧学会
  • 米国心臓協会

略歴

学歴
昭和63年
大阪大学医学部卒業
平成8年
大阪大学大学院医学研究科博土課程(内科系専攻)修了
職歴
昭和63年
医員(研修医)(大阪大学医学部附属病院)
平成元年
大阪府立病院心臓内科 研修医・レジデント
平成9年
日本学術振興会特別研究員
平成11年
米国ベイラー医科大学内科学教室
 
ポスドクフェロー(Michael Schneider 先生教室)
平成14年
大阪大学医学部付属病院 医員(循環器内科病棟主任)
平成16年
大阪大学大学院循環器内科学 助手
平成18年
大阪大学医学部付属病院循環器内科 外来医長
平成22年
大阪大学医学部付属病院循環器内科 診療局長
 
大阪大学大学院循環器内科学 講師
平成25年
大阪大学医学部付属病院循環器内科 副科長
平成26年
大阪大学大学院循環器内科学 准教授
平成27年
大阪大学医学部附属病院 病院教授
平成28年
香川大学医学部循環器・腎臓・脳卒中内科学 教授
現在に至る
受賞等
平成9年
日本心臓財団・ファイザー心血管病研究助成優秀賞
平成10年
Banyu Fellowship Award in Cardiovascular Medicine
平成10年
日本心臓病学会 Young Investigator Award 優秀賞
平成11年
米国心臓協会(AHA) Melvin Marcus Young Investigator Award 優秀賞
平成16年
米国心臓協会(AHA) Outstanding Early Career Investigator Award 優秀賞
平成24年
日本医師会 医学研究奨励賞
平成26年
大阪大学総長顕彰 (研究部門)

~ Policy ~
地域貢献、人材育成