虚血性心疾患

急性心筋梗塞から安定狭心症にいたるまで、
循環器内科と心臓血管外科によるハートチームで最高の医療を提供します。

診療内容

心臓を栄養する血管である冠動脈がせまくなる(狭窄)あるいはつまる(閉塞)ことでおこる病気を虚血性心疾患といい、代表的な病気として急性心筋梗塞や狭心症があります。急に冠動脈がつまることで生じる急性心筋梗塞は、そのまま治療しないで放置すると命にかかわるような病気です。よって、ただちに診断・治療が必要であり、当科ではそのような患者さんに対応するため、常時緊急で冠動脈造影およびカテーテル治療(風船で血管をひろげる治療やステント治療)をおこなうことができるように医療スタッフおよび設備を準備しています。また、徐々に冠動脈の狭窄や閉塞がおこってくる労作性狭心症や冠動脈のけいれんでおこる冠攣縮(れんしゅく)性狭心症は、負荷心電図検査、心筋シンチ(核医学検査)、冠動脈CT検査などで的確な診断をおこない、必要時は最終診断としてカテーテル検査をおこないます。心筋梗塞や労作性狭心症の患者さんに対しては、その後の再発予防も含めた最適な薬物治療および生活習慣の指導をおこない、適応となる患者さんに対しては血行再建術(血流を改善させる治療法)をおこないます。循環器内科では冠動脈カテーテル治療をおこないますが、代表的なカテーテル治療としては、血管を風船でひろげる治療や血管のなかに入れて血管のひろがりを保持する金属製のステントを使用する治療法があります。当科では、通常の治療方法で対応可能な患者さんに加えて、他院では治療困難な患者さんにも高度な技術を駆使して対応します。具体的には、冠動脈の根元(左冠動脈主幹部病変)の病変、重要な血管が二股に分かれる部位(分岐部病変)の病変、あるいは長年かけて完全に詰まっている病変(慢性完全閉塞病変)などが治療の難しい病変といわれますが、長年の経験から得られた高度な技術で最大限の治療を提供します。しかし、これらの治療は成功率とともに安全性も重要であり、病気の状態によっては心臓血管外科とも最適な治療方法を十分に検討し、患者さんの負担も考慮しながら最適な治療方法を提供します。

対応疾患

急性心筋梗塞、陳旧性心筋梗塞、労作性狭心症、冠攣縮性狭心症、虚血性心筋症、虚血性僧帽弁閉鎖不全など虚血性心疾患全般に対応します。

主な対応疾患

冠動脈の分岐部に狭窄を認める虚血性心疾患

1本の血管だけをひろげると、もう1本の血管がつまってしまうような病変ですが、2本のステントをYの字にいれて血管をひろげます。

カテーテル治療前
カテーテル治療後

慢性完全閉塞病変を責任病変とする虚血性心疾患

冠動脈カテーテル治療の中でも最も難しい病変ですが、閉塞部位の両方向よりガイドワイヤーをすすめる方法など、高度な技術を駆使して血行再建術をおこないます。

カテーテル治療前
ガイドワイヤーで病変部を通過
カテーテル治療後

左冠動脈主幹部病変を責任病変とする虚血性心疾患

通常は心臓血管外科でおこなわれる冠動脈バイパス術が選択されますが、患者さんの全身状態や合併症などを考慮し、ハートチームで十分に検討をおこなった結果、冠動脈カテーテル治療を選択するもあります。

カテーテル治療前
カテーテル治療後

実績紹介

検査・治療件数
2015年 2016年
冠動脈造影検査 328件 391件
冠動脈カテーテル治療 121件 130件
緊急冠動脈カテーテル治療 27件 15件

(急性心筋梗塞、不安定狭心症に対する)